微笑む女

免疫療法で癌と闘おう|病気に負けたくない方へ

適切な治療方法で

病院

肺がんの約6割を占めているのが、肺の末梢に発生する癌である「肺腺がん」です。肺腺がんは癌全体で見ても非常に発症率が高く、男性よりも女性の方が発症しすい癌とされています。肺腺がんの大きな特徴が、肺がんに分類されるものの「喫煙」が発症の直接的要因ではないという点です。その理由として、肺腺がんは喫煙者より非喫煙者、喫煙率の低い女性の方が発症が圧倒的に多いのです。また肺の末梢に発生する為に、通常のX線検査で発見しすい癌であることも大きな特徴です。肺腺がんは初期の段階では、自覚できる症状が殆ど現れません。癌が進行していくと、長期間乾いた咳が続くようになったり、血が混じった痰や、胸痛などの症状が現れます。さらに進行するとリンパ節に転移し遠隔転移することもある為注意が必要です。これらの症状が現れたら、早期に内科で検査を行って下さい。

肺腺がんと診断された場合、治療は外科手術、放射線療法、化学療法が主体となります。癌の発見が早期であり、進行が軽度の場合は、外科手術が第一選択となります。手術により肺の癌化した細胞を切除し取り除く治療法となります。現在手術後は、取り除くことが困難な微細な癌細胞を完全に破壊する為、放射線療法や化学療法を併用することが殆どです。放射線療法とは放射線を癌細胞に照射することで、癌細胞を縮小させたり、微細なものであれば完全に死滅させることが可能な治療法です。主に外科手術と併用するケースが殆どです。化学療法とは「抗がん剤」を用いて、基本的に癌細胞の増殖を抑制することを目的とした治療法です。微細な癌細胞であれば死滅させることも可能であり、放射線療法同様に外科手術と併用するケースが殆どです。