病院

免疫療法で癌と闘おう|病気に負けたくない方へ

気付きにくい胆管の異変

医者

胆管がんは、脂肪分の多い食生活や高齢の影響によって発症してしまう可能性があります。症状は黄疸が目立ってくるようになるので、異変に気付いたら早めに診てもらわなければいけません。定期的な健康診断や検査でも早期発見につながるため、特に50歳以上の人は意識する必要があります。

もっと読む

適切な治療方法で

病院

女性患者数が高い肺腺がんは、非喫煙者が発症することが多いようです。初期は症状がほとんど現れませんが、放置すると転移するので危険です。治療法は外科治療や化学療法などいくつかあって、進行具合によって患者に適切なものが変わっていきます。

もっと読む

手のこわばりを感じたら

相談

関節リウマチとは手や足の関節が腫れたり、痛みが出る病気のことです。症状としては、起床後30分以上手のこわばりが続いたり、様々な日常動作において手が動かしにくく感じたりします。早めに専門医を受診する必要がありますが、世田谷の専門医を探すなら、ネットの病院検索サイトなどを利用してもよいでしょう。

もっと読む

イチオシリンク

  • 免疫療法

    諦めなくてもいいのです。がん治療法を手に入れましょう。免疫療法について詳しい情報ならこちらでゲット!

身体の負担が軽いがん治療

看護師

身体自身の治る力を利用

近年、新しいタイプのがん治療法として注目を集めているものに、免疫療法があります。身体にはウイルスや細菌などの異物を排除する免疫機構と呼ばれるシステムが備わっています。そしてこのシステムは、体内でがん化した細胞も異物として認識し、これを攻撃することができます。免疫療法は、免疫機構を強化することでがんの増殖を防ぐことを目的とした治療法です。免疫療法にはいくつかの種類がありますが、いずれも採血や注射といったごくシンプルな治療法であるという共通点を持っています。そのため、身体への負担が非常に軽いという特徴があります。公的保険が適用されないため費用が高額になりがちである点には注意が必要ですが、導入する医療機関の数は年々増加しています。

他の治療法とも併用可能

免疫機構を構成しているのは、免疫細胞と呼ばれる細胞群です。免疫細胞は、局所的に集合したり血管内を巡回したりして、がん細胞を見つけてこれを異物と認識すると、ただちに攻撃して無害化します。免疫療法には、この免疫細胞の活性を高める物質を直接投与する方法と、患者の免疫細胞をいったん採取し、活性を高めてから体内に戻す方法との2つがあります。また、強化すべき細胞の種類によっても治療法が分かれます。免疫療法の特徴的な点は、抗がん剤の投与や放射線治療などの他の治療法と異なり、健康な細胞に対するダメージがほとんどないことです。また、外科手術も必要ありません。さらにこの治療は、他のがん治療法と併用することも可能です。そのため相乗効果によるメリットが期待できます。